FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://funkymonkeymai.blog22.fc2.com/tb.php/496-0b58e0e8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

君。

6月なのにすごく寒い。
誰かのそばで眠りたい。

一人はいやだからつい夜を越えてしまう。
夜さえ越えればそこはオアシス。
君はいないけどそいつもいるしあいつもいる。
何も恐れることはない。
そこには寂しさなんて、一人、なんて決してない。
そう思っていた。そう思っていたんだ。
でも実はそうではなくて、あいつがいてもそいつもいても
君がいなきゃ一人なんだ。
何もかもが不完全に見えてしかたがないんだ。
不気味なほどに笑う自分と不気味なほどどす黒い自分の心と
もうやっていけないんだ。
君がいなきゃやってけないんだ。
私が誰かを好きになっても
きっとこの喪失感と、一人、の感じと周りとの大きな溝と誰かに気付いて欲しいというこの想いは
ずっとずっと
なくなることなんてないでしょう。

君はどこにいるのでしょう。
そして君は誰なんでしょう。
君は私を必要としてるんですか。
教えてくれますか。
私に足りないものは何ですか。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://funkymonkeymai.blog22.fc2.com/tb.php/496-0b58e0e8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。